プリザーブドフラワースクールの選び方1 プリザーブドフラワースクールの選び方2 プリザーブドフラワースクールの選び方3 プリザーブドフラワースクールの選び方4 プリザーブドフラワースクールの選び方5

お問合せページ

プリザーブドフラワースクールの選び方4

プリザーブドフラワー教室、スクール選びに限ったことではありませんが、何か習い事をするときに考えることの一つに、学校への通い易さがあります。たとえ幾らそこが有名な学校で、何かすばらしい内容が学べると言っても、片道2時間とか3時間とかかかってしまうようなら、往復だけでかなりの時間の浪費となってしまいます。これでは幾らなんでも勿体無いといわざるを得ません。また幾ら時間に比較的余裕があっても、また自分の空いた時間に講習がなかったり、講習があるときに限って自分の時間がなかったりするのでは、これまた如何ともしがたくなってしまいます。以下プリザーブドフラワースクール選びに際して考えて欲しい点の一つ、スクールや学校への通学の便についてお話していきます。
このようにプリザーブドフラワースクール或いは教室への通い易さも、プリザーブドフラワー協会、及びプリザーブドフラワースクール選びの重要なポイントとなります。見るべきポイントとして例えば、受講日が固定されているのか、或いはフリータイム制になっているのか、と言う点があります。もしそのスクールにフリータイム制のクラスがない場合、またはあっても皆さんの時間では都合がつかないという場合は、他の受講時間を見ていきます。

またプリザーブドフラワースクールの場所も重要です。できれば自宅や勤め先から近かったり、或いはそこへ行く際の交通の便がよかったりするに越したことはありません。もしプリザーブドフラワーを習いに行って帰るだけでかなりの時間を浪費してしまう、といったことになってしまうのなら、もう少し慎重に考えたいものです。
しかし皆さんが単に趣味としてだけではなく、資格取得やその先の将来を念頭においてプリザーブドフラワーを学ぼうとする場合には別の思考が必要になります。その場合のコース選定としては、上に紹介したようにプリザーブドフラワースクールへの通学の便よりも、卒業後の進路やサポートを重視したほうがいいでしょう。またそのプリザーブドフラワー協会やプリザーブドフラワースクールの方向性、指針に共感できるかどうかも重視すべきです。ここで皆さんに冷静によく考えていただきたいことは、プリザーブドフラワーを学ぶのに必要な日数と、それを学んで卒業した後の時間とを比較した場合、後者の方が圧倒的に長い時間になります。とすれば、卒業後の長い時間を見越して、そのうえでプリザーブドフラワー協会及びスクールを選択したほうがいいに決まっています。現在の日本にはプリザーブドフラワー協会は数多く存在していて、それぞれが日頃プリザーブドフラワー普及のための活動を行っています。同時に卒業生へのサポートや支援活動を行っています。その掲げる方針や活動内容に皆さんが共鳴でき、尚且つ皆さんにとって魅力的な支援活動を行っている協会が恐らくベストだと思います。確かにプリザーブドフラワー協会やスクールへの通い易さ、物理的近さも大事なポイントです。ですが単に距離的に近くて通いやすいからというだけの理由で、近場の協会やスクールを選ぶのは、ちょっと考え直してください。たとえ少し物理的に遠くても、心理的に近い協会やスクールを選ぶことが大切です。そうして皆さんのプリザーブドフラワー協会、スクールに対する選択が正しければ、後であのときプリザーブドフラワーを学んでよかった、と実感することができるでしょう。