プリザーブドフラワースクールの選び方1 プリザーブドフラワースクールの選び方2 プリザーブドフラワースクールの選び方3 プリザーブドフラワースクールの選び方4 プリザーブドフラワースクールの選び方5

お問合せページ

プリザーブドフラワースクールの選び方3

言わば本物と見まがうほどに花を加工したのがプリザーブドフラワーです。皆さんがもし機会があって、このプリザーブドフラワーを見たら恐らく本当に作り物だと気づかないでしょう。このプリザーブドフラワーはもともとはフランス生まれで、その後欧州で普及しました。近年は日本でもだんだん認知されるようになっています。このプリザーブドフラワーがどんなところで使われているかと言うと、例えばウェディングブーケやインテリアに使われるほか、結婚祝いや誕生日祝い、出産祝いなどのギフトや贈り物として使われ、喜ばれています。贈り物やギフトにぴったりと言えるプリザーブドフラワーは、花屋やプリザーブドフラワー専門店で購入できます。また最近ではオリジナルのプリザーブドフラワーを作って楽しみたいと言うファンや愛好家も増え、各地にプリザーブドフラワー教室やスクールが開講されています。当然こうしたプリザーブドフラワー教室の魅力は、世界に二つとない自分だけのプリザーブドフラワーが作れること、そして技術と経験を積み重ねていくうちに、もっとすばらしいプリザーブドフラワーが作れるようになることです。ここでは自分もプリザーブドフラワーの作り方を習いたい、という方のためにプリザーブドフラワースクール選びのアドバイスに関してお話しています。

ところで趣味やビジネスなど様々な理由で習い事をする人が増えています。少し前にカルチャーブームがあったのも記憶に新しいところです。ところでどんな目的で何を習うにせよ、それに要するお金のことを考えずにはいられません。例えば幾らそれを習うことによって習得できる内容に高い価値があって、将来の実用性が高かったとしても、その習得に要する費用があまりに高いようではそれを学ぶことは困難でしょう。ものを学ぶと言うのも同じ事で、学費として払う費用とそれで得られる効果、即ちコストパフォーマンスをしっかり見極めてから学ぶ内容を選ぶ必要があります。少し話がそれましたがここではプリザーブドフラワーを習うことで発生する、所謂プリザーブドフラワー協会に関する会費について触れます。
多くのプリザーブドフラワー協会がプリザーブドフラワーに関する資格を認定、発行しています。皆さんがプリザーブドフラワーに関する資格を取得した場合、プリザーブドフラワー協会の殆どが資格取得をした会員に対して、年会費を設定しています。この年会費はプリザーブドフラワー協会にとっても大きく、これが協会の利益の源になっていて協会の運営に大きな影響を及ぼしていることもあります。上で紹介したとおり、プリザーブドフラワーの世界ではプリザーブドフラワー協会が数多く存在していて、それぞれが資格認定やプリザーブドフラワーの宣伝、普及活動など、それに会員や卒業生へのサポートを行っています。ですが実際には大した活動、サポートをしていないにもかかわらず、それに見合わないだけの高い年会費が設定して、ちゃっかり儲けている協会も少なくありません。即ち実際には大したサポートも受けられない、しいてはその協会に入るだけの相応のメリットがないにも関わらず、協会に高い会費を納めなければならない、といったケースです。
例えば年会費が1万円の協会に所属すると、10年なら10万円、20年なら20万円の出費となります。もし長い時間で見ればプリザーブドフラワー協会に入会した後の年会費も決して安くはありません。従って金額の面から見ても、プリザーブドフラワーの協会選びには、慎重な判断が求められるのは言うまでもありません。

注目サイト

脱毛 恵比寿
http://flur.co.jp/

Last update:2016/11/25