プリザーブドフラワースクールの選び方1 プリザーブドフラワースクールの選び方2 プリザーブドフラワースクールの選び方3 プリザーブドフラワースクールの選び方4 プリザーブドフラワースクールの選び方5

お問合せページ

プリザーブドフラワースクールの選び方2

現状プリザーブドフラワー協会並びにプリザーブドフラワー教室はたくさんあって乱立している状況です。残念ながらプリザーブドフラワーを学ぶことに関しては、その業界は決して整頓が進んでいるとはいえません。従って皆さんがもしプリザーブドフラワーを学びたいのであれば、プリザーブドフラワー教会、及びプリザーブドフラワースクール、教室を様々な角度から比較検討し、慎重に選ぶことが大切になってきます。ここではプリザーブドフラワースクールを選ぶ際に、チェックするべき内容を紹介しています。
プリザーブドフラワー協会、及びスクール選びの際にチェックしておきたいポイント、その一つが、卒業後の協会によるサポートがきちんと確立されているかどうか、という点です。ご存知のように、医師や弁護士、税理士等日本には様々な国家資格がありますが、プリザーブドフラワー業界にはそれに相当する国家資格がありません。言い換えればプリザーブドフラワーを学んで、たとえその道を極めたところで、国家の認定したプリザーブドフラワーに関する資格を得ることは現状のところではできません。従って皆さんが将来を考えて、将来のためにプリザーブドフラワーを学びたいと言うのなら、まずはそうした状況をよく頭に入れておく必要があります。
このようにプリザーブドフラワーの資格は国家資格ではありません。にも関わらず、それでもプリザーブドフラワーをかなりのレベルまで学び、そして各プリザーブドフラワー協会の発行するプリザーブドフラワーの資格を取得し、認定を受けることに、果たしてどのような意味があるのでしょうか。
その大きなメリットが、なんと言っても資格取得後にそれぞれのプリザーブドフラワー協会から色々なサポートが受けられることです。その具体的な内容については各協会のホームページを見たり、或いは問い合わせてみるといいでしょう。正直に言って、折角一生懸命プリザーブドフラワーを学んで、学生を取れるくらいのレベルまでプリザーブドフラワーアレンジのレベルを高めたにも関わらず、そのあとで協会からろくなサポートが受けられないのでは、残念ですし勿体無いことでもあります。それ故、プリザーブドフラワーの各協会のサポート内容をよく比較しておく必要があります。その各協会のサポート内容については千差万別です。ではどんなときに協会のサポートを必要とするのでしょうか。例えば皆さんが将来プリザーブドフラワースクール或いは教室を開くとき、プリザーブドフラワーアレンジの販売を始めるとき、そうした場合恐らく最初は何が何だかわからず、うまくいかないことに直面するでしょう。具体的には資材の仕入れや作品の販売経路、及び皆さんの開いたプリザーブドフラワー教室の広告や宣伝等といった内容です。その場合恐らくは様々な問題に直面するでしょう。そんな時に、力になってくれるのがそれらの方面でノウハウも経験もあるプリザーブドフラワー協会です。実際のところ各協会によってサポートの内容は様々で互いに違いはありますが、大まかな内容としては以上に紹介したとおり、プリザーブドフラワー協会のサポートによって花材や資材が安く購入できたり、卒業後のスキルアップサポートがあったり、卒業生や関係者のプリザーブドフラワーアレンジの個展や作品展を開催してくれたり、はたまたプリザーブドフラワースクールや作品展の広告や宣伝のほうで協力をしてくれたりと、以上のような内容に渉っているようです。
以上をご覧になったらおわかりだと思いますが、こうしたサポートは非常に重要であり、もしこれらが得られたら非常に心強いものです。従って各プリザーブドフラワー協会でこれらのサポートが充実しているかどうか、しっかりと機能しているかどうかを見極めることは非常に大切なポイントとなります。言い換えれば各プリザーブドフラワー協会のこのサポートの部分で、会員やプリザーブドフラワー事業への取り組み、意気込みが伺えます。従ってその宣伝資料に卒業生のサポートについて具体的に表現されていない場合や、卒業生の活動等の動きが紹介されていない場合は、その協会は選択しない方が無難だと言えるでしょう。

当然ながら同じ協会を一つ選ぶのなら、プリザーブドフラワー事業やそれを担う人材に対して責任と熱意でもって接している、そんなプリザーブドフラワー協会を選びたいものです。
ブリザードフラワーはギフトや結婚式のテーブルに置いたりといった活用方法の他にも、離乳食の食器の近くに置いたりでもいいですよね。

おすすめWEBサイト 5選

2016/11/25 更新